意中の男を引き寄せる「恋愛美人」になる!

 

 

素敵な恋は女性をキレイにする・・・、これは万国共通の方程式になります。ホルモンのバランスがよくなることで、お肌はほんのりピンクの色。

 

彼のことを思うだけで表情も明るくなって、おしゃれにもメイクにも気合が入ります。素敵な恋こそが、「キレイ」のエネルギーになります。では、素敵な恋をゲットするにはどうすればいいのでしょう・・・。

 

不思議なもので、世の中に「なぜだかわからないけれど、ダメな男ばかりに惚れてしまう・・・。」という人や、「幸せになりやすいのに、いつもつらい恋ばかり・・・。」という女性もいるのです。「おとこ運がなくて・・・。」と嘆いている人は、過去の恋を冷静に振り返ってみてください。幸せになれるチャンスもたくさんあったのに、無意識のうちに不幸な恋を選んできてはいませんか??

 

そんな自分とさよならするために「恋愛美人」になる方法を一緒に学んでいきましょう。摩訶不思議な恋愛の仕組みを知り、おとこ運をあげて、幸せな恋愛を成就させる女になるのです。大丈夫です!引っ込み思案な人も、不幸体質な人も、恋のメカニズムと、恋に前向きになれない原因を知ることで、生まれ変わることができるのです!知っておくことはこの5つのポイントです。

 

@赤い糸の仕組み
A健全な恋愛関係の仕組み
Bあげまん度をアップする仕組み
Cいい男をつかむ男運をあげる仕組み
D恋愛ゲームで勝つ女になるための仕組み

 

けっこうパワフルでしょ?(笑)このサイトを見るだけで出てくる恋愛講座になります。あなたの恋がバラ色になることを祈ります。

 

 

キレイのわけは「エストロゲン」

恋をすると女性はキレイになる。これは実は医学的にも照明されています。カギを握るのは、エストロゲンという女性ホルモンになります。恋をする女性には、エストロゲンが多く分泌されて、コラーゲン繊維の活動が活発になって、きめ細かく張りのある肌になると言われています。また、脳内物質と言われるフェニールエチルアミン(PEA)も多く出てきますので、いつも高揚感を感じて、表情がイキイキしてきます。PEAは長く出続けるものではありませんが、エストロゲンパワーは、映画俳優に憧れるなどの疑似恋愛でも効果的になります。

 

 

赤い糸の運命の彼は何処に・・・。

10〜20代の女性に恋の悩みを聞いてみたところ、多くの人から、「自分に一番合う人がわからない」という答えが返ってきました。たしかに、赤い糸で結ばれている人と出会えるかどうかは、女性にとっては大問題になります。じつは、赤い糸のメカニズムも、きちんと説明できるのです。それが「似たもの同士の法則」になります。人間にはもともと、自分により近い遺伝子を残そうとする欲求があるため、外見はもちろん、価値観や考え方が近い人を求めてしまうのです。だから、多くの場合、赤い糸の相手は、「自分に似ている人」と言えるでしょう。一方、内気な人が積極的な人に憧れるように、自分とは全くタイプの違う人を選ぶ場合もあります。それが「補完性の法則」になります。

 

お互いに足りない部分を補い合って、ふたり合わせて100点になるという考え方になります。ただし、この場合は、「お互いに似た要素も持っている」というのが条件になります。共通点が全くない人とは、ただぶつかり合うだけで、補いあうことはできません。

 

 

恋愛を長続きさせるコツ

次に多かった恋の悩みが、「長続きしない」というものになります。「つきあった頃はあんなにドキドキしていたのに、最近は全然ときめかない」という感じです。あなたは経験したことがありませんか??

 

これが先に述べたPEAの仕業になります。ドキドキの快感は脳内物質であるPEAによるものですが、PEAはひとりの相手に対して、通常長くても3年くらいしか出てきません。そう、PEAがなくなることで、倦怠期がやってくるのです。そこで長続きさせる第一のコツは、PEAを出す努力をすることです。方法は簡単です。夫婦、あるいは、恋人同士で、ドキドキする体験をすればいいのです。例えば、スリル満点のジェットコースターにふたりで乗ってみる。細くて高いつり橋を渡ってみる。そのときにPEAが分泌されてスリルで感じたドキドキを恋愛のドキドキと勘違いしてしまって、ときめきが復活するという仕組みになります。